パチンコ依存、リストラ、モラハラ

離婚をしたのはかれこれ20年前になります。
結婚生活は3年ぐらいでした相手は私よりも20歳くらい年上で、どちらかと言うと刹那的な生活をしている人でした。当時は離婚した妻もいる状態ですし子供もいて初婚の私には向かないと周囲には反対されましたが、その時には自分との相性が良く感じましたので、結婚式などは挙げずに入籍しました。

 

最初のうちは楽しいこともあったのですが、その時の相手はどちらかというと金銭感覚もなく無駄遣いがとても多い方でした。
パチンコ依存症なのかもしれませんが時々パチンコ屋さんに出かけに行くこともあり、外食も多く金銭的に困る面があるのにと不安もありました。

 

ですが他に波風が立つこともありませんでしたから、それでも我慢ができました。
そればかりではなく、私が作った食事がまずいから捨てろと暴言を吐いたすることもあり、徐々に私の心理面の状態も悪くなりました。彼は常に自堕落な生活を続けていましたし、仕事熱心ではありませんでした。そんな理由もあり会社からリストラされる形になりました。

 

私も仕事をしていたのですが、今後はお前に頼った方が良いとまで言うようになりました。
前々からモラハラも若干感じていましたし、会社を辞めたことで一緒に生活する時間も長くなり私もすでに耐えられなくなっていました。住んでいたアパートの大家さんが亡くなり、葬儀の音が聞こえると彼はうるさいと言ってドアを何回も蹴飛ばしました。

 

そんなところを見ていても、私はこの人と生活ができないと徐々に思って行くようになったのです。
子供もいませんでしたから定ている裁判も行いませんでしたし、特定の財産も持っていなかったので財産分与もありませんでした。慰謝料などについても相手が無職なこともあり仕方がないと思いました。一刻も早く別れたいと思いましたので、とにかく離婚届をすぐにも出したいと思っていました。

 

相手は別れたいと思っていないようでしたが、私はすぐにでも別れたいと思いましたから離婚届を出すように促し、すぐに実家帰省しました。
その後は新たな職にもつきまし生活面でも安定しました。今まで抱えていた心理的負担はとても高かったのだと思わざるを得ません。やはり離婚してよかったと思います。

関連ページ

夫の社宅での嫌がらせに耐えられませんでした
結婚して、夫の会社の社宅で暮らし始めましたが、まだ若かった私は嫌がらせにあってしまいました。
モラハラ夫が原因で適応障害に
モラハラの夫が、勝手に数千万円の借金をしてきて、もう限界でした。まずは家を出てから離婚の話し合いをしました。
1,000万円の借金が妻にバレて別れました
私がパチスロにはまり、気が付けば借金の額は1,000万円にも膨らみました。妻と離婚し、今は1人で借金を返しています。